命を吹き込んだマリオネット 「実際に動かしてみて」

2017年11月2日現在で、計61体のマリオネットを被災地の子どもたちに届けてきたオレンジパフェさん。「被災地のために何かできることはないか」と、一人で活動を始めて1年半超が経過。子どもたちの笑顔が活動の原動力となっています。

「どこの園に行っても、子どもたちがみんな良い表情をして喜んでくれて。もちろん先生も。そういうのを見ると、やっぱりやっていてよかったなといつも思います。」

オレンジパフェさんの活動はいよいよ世界にも広がり、「認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)」に寄贈したマリオネットが、それがヨルダンで暮らすシリア難民の子どもたちの元へと届きました。現地ではマリオネットを囲んでたくさんの笑顔が生まれています。

活動を通してマリオネットのポジティブな力を改めて感じたオレンジパフェさんは、初めての個展を開くことを決めました。

「こういう活動をする前は作って販売をするだけで、私が直接お客さんに見せる機会はほとんどありませんでした。外に出て、自分の人形を自分で動かして見てもらうということを熊本などで経験し、それをすごく喜んでもらえるのが嬉しくて。一度いろんなキャラクターを吊るして皆さんに見てもらえたらなと思い、個展を開くことにしました。」

個展のイメージは、マリオネットの本場、チェコ。

「本場のチェコでは人形をランダムに吊るして展示しているので、それがやりたかったんです。マリオネットの専門店は、日本には都内に1店舗しかないので。こういう風に展示してあるのを見るというのも、子どもたちを含め、いい刺激になり、楽しい経験になると思います。」

オレンジパフェさんのマリオネットの特徴は、「口」が動くこと。まるで本当に生きているような動きで見た人を魅了する秘密は、オレンジパフェさんの作品特有の体の構造があるのかもしれません。

「『マリオネット(操り人形)』を見たことがないという人も多いと思います。自分の人形の口などの動きを見て喜んでもらえたらなと思いますね。そして、来ていただいた皆さんにも実際に人形を操っていただけたら楽しめるんじゃないかなと思い、会場にステージを作っていただきました。ここで記念写真も思い出に撮ってもらえたら。」

オンレジパフェさんはこの個展のために、新しく51体のマリオネットを製作。計60体以上の人形が会場には展示されています。今回はクリスマス用に、ろうそくやスノーマン、サンタクロースも。

「マリオネットには一体一体、命を吹き込んでます。みんな若干動きが違うんですよね。出来上がって動かすまで、どういう風に動くのか自分でも分からない。でもそれが手作りの良さ。実際に動かしてみて、気に入った子がいたらそれを迎えていただけたらなと思います。」

この個展を主催しているのは、恵比寿の町で地域の情報を発信している「恵比寿新聞」。編集長の高橋さんは今年の夏頃から、オレンジパフェさんとともに熊本の子どもたちの元へ足を運ぶようになりました。

「オレンジパフェさんには、マリオネットを持って恵比寿の保育園も回っていただいたんです。保育園のみんなも楽しみにしているんだろうなと思うので、お散歩でこの展示を一緒に見に来ようと思っています。子どもたちのリアクションをまた恵比寿で観れると思うと本当に楽しみです。マリオネットを通じてみんなが仲良くなったり繋がりができたりすると、またそれはそれで楽しいことになるんだろうなと。町自体が活動を応援するような形ができてよかったなと思います。」と、高橋さんは話しています。

クリスマスの季節、ご家族やお友達をお誘いの上、1度マリオネットの世界を感じてみてはいかがですか?

〜個展について〜

この度、恵比寿新聞さん、株式会社GARDENさんのご協力により、恵比寿ガーデンプレイスにて個展を開くことになりました。

全て手作りのマリオネットを展示・予約販売致します。操る楽しさを体験できるマリオネットの特設ステージも設置。

会期も約2ヶ月と長いので、多くの方にマリオネットを見て頂き、触れて、感じて、楽しんで頂けたら幸いです。皆さん是非お越し下さい!

【詳細】

○期間:11/3-12/25
○会場:恵比寿ガーデンプレイス時計広場
○時間:12:00-20:00
○入場無料。
○会期中に色々なイベントも行います。(詳細は後日)
○イベントURL: https://www.facebook.com/events/128722217783676/

※展示作品の予約販売(一部を除く)
※写真・動画撮影可
※バリアフリー

=プロフィール=

マリオネット作家:オレンジパフェ
埼玉県在住

2008年
フルーツパフェのように、デザート感覚でたっぷり楽しんでいただけるマリオネットを目指して製作を開始

2015年
R.O.S.E.International Doll & Teddy Bear Expo
(アメリカ コロラド州)で『Unique Excellence 賞』を受賞。

2016年4月
被災地域の子どもたちなど少しでも笑顔を取り戻せたらと東日本大震災・熊本地震の被災地域へマリオネットを寄贈するプロジェクトとして『The Heartstrings Marionette Project』を開始。

2017年7月
『国境なき子どもたちKnK』を通じてヨルダンのシリア難民キャンプに寄贈。
現在、国内外合計59施設にマリオネットを届ける。

作品は個人販売及び、東京都飯田橋マリオネット専門店 『パペットハウス』
チェコ・プラハ 『トゥルハーシュ・マリオネッティー』にて販売中。

特集記事