International CooperationWomenChildren

(日本語) アフリカの女の子の1日が体験できる「すごろく」を作りたい!

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

アフリカの女の子の1日を体験できる「すごろく」を作りたい。3月8日の「国際女性デー」に向けて、そんなプロジェクトを掲げて活動している団体があります。身近な娯楽である「すごろく」を通じて、途上国の女の子が教育を受ける機会を奪われている現状を知ってもらう狙いで、クラウドファンディングで支援を募っています。

企画したのは、公益財団法人ケア・インターナショナルジャパン(ケア)。1987年に前身であるケア・ジャパンが発足。貧困のない世界を目指し、主にアフリカやアジアで女性や女の子たちの自立を支援し続けています。

すごろくの舞台はエチオピア。ある12歳の女の子が主人公です。女の子の1日は、早朝の家畜の世話から始まり、休む間もなく水くみへ。3キロ離れた水くみ場へは、地雷原や崖をすり抜けなければたどり着けません。帰宅すると洗濯や食事作りをして、夕方にもまた水くみへ向かいます。日が暮れる頃にはもうクタクタ。両親からは「女の子は勉強しなくていい」と言われています。遊んだり学校へ行ったりといった、日本で当たり前の光景はそこにはありません。

すごろくで展開される1日の出来事は、ケアが実際に支援している女の子の生活をモデルにしたほか、ケアのこれまでの途上国での経験やさまざまな文献を参考にして考えていきました。ケアのオリジナル写真を元に書きおこしたイラストもふんだんにちりばめられ、遠く離れたアフリカの暮らしがイメージしやすいように工夫しています。

遠い異国の話は、「なんだかちょっと難しそう・・・」「自分には関係ないし・・・」と、尻込みしてしまう人も多いと思いますが、ケアのメンバーは「まず一人でも多くの皆さんに、このような途上国の現状について知っていただくきっかけを作りたい」と支援を募っています。

クラウドファンディングの支援受け付けは、3月4日23:59までです。詳細はプロジェクトページ(https://a-port.asahi.com/projects/iwd2019_care/)をご覧ください。

(日本語) A-port 朝日新聞社

(日本語) A-port 朝日新聞社

(日本語) A-portは、朝日新聞社が運営する クラウドファンディングサイトです。   誰もが等しく挑戦でき、「クラウドファンディングで支援する...

みんなの農園