『些細なこだわり』 制作チーム

『些細なこだわり』 制作チーム

あなたの同僚がセクハラにあったらどうしますか?
それがあなたの職場での人間関係、プライベートすべてに影響するとき、あなたは正しいことを正しいと言えますか?

MeToo運動後における、日本社会のゆれ動く男女間の常識を探ってゆくドラマ映画『些細なこだわり』(舩橋淳監督)は、日本国内での劇場公開、国際映画祭への出品を目指しています。ジェンダーの問題意識を広く世間に投げかける映画です。この作品のポストプロダクション費用と宣伝配給費用にどうかご支援をお願いいたします。


【監督プロフィール】

舩橋淳(映画作家)

1974年大阪生まれ。東京大学教養学部表象文化論学科卒業後、ニューヨークで映画製作を学ぶ。処女作の16ミリ作品『echoes』(2001)がアノネー国際映画祭で審査員特別賞・観客賞を受賞。第二作『Big River』(2006、主演オダギリジョー)はベルリン国際映画祭、釜山国際映画祭等でプレミア上映された。2005年、アルツハイマー病に関するドキュメンタリーで米テリー賞を受賞。2012年初のドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」は、ベルリン国際映画祭でワールドプレミアされ、音楽を担当した坂本龍一とともに登壇。世界に向けフクシマの窮状を訴え、その後世界40カ国以上で劇場された。2012年度キネマ旬報文化映画第7位。同名著作『フタバから遠く離れて』(岩波書店)も出版。同スピンオフ作品「放射能 Radioactive」は、仏Signes de Nuit国際映画祭でエドワード・スノーデン賞を受賞。2013年、禁断の愛のメロドラマ『桜並木の満開の下に』(主演:臼田あさ美、三浦貴大)はベルリン国際映画祭へ正式招待される(5作連続の快挙)。他に小津安二郎監督のドキュメンタリー「小津安二郎・没後50年 隠された視線」(2013年NHKで放映)、「フタバから遠く離れて 第二部」(同名著書も岩波書店より出版)など。2016年は、AKB48の姉妹グループNMB48のドキュメンタリー映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY OF NMB48」(2016, 120分)を監督。香港国際映画祭、スイスVISION DU REEL国際映画祭、韓国チョンジュ国際映画祭などで上映。2018年史上初のポルトガルとの合作映画「ポルトの恋人たち 時の記憶」(柄本祐、アナ・モレイラ主演)を監督。柄本佑は、キネマ旬報最優秀男優賞に輝いた(他2作品と共に受賞)。8月2日DVD・Blu‐rayが発売。

監督オフィシャルサイト: http://www.atsushifunahashi.com/


【監督メッセージ】

いままで常識だと思っていたエチケットが、男女間、LGBTとの関係それぞれで認識の差があり衝突するのが、現代のジェンダー問題だと思います。

この認識の差を、登場人物たちのセリフを通して描いてみました。

彼らは「何がセクハラで、何がセクハラでないのか?」「どんなLGNTとの関係が望ましいのか?」という問題に何度も直面し、恥ずかしくても、プライドが傷ついても、なんとか同僚や上司と話し合い、互いのギャップを埋める道を探ります。

その奥に見えてくるのは、人間は孤独で生き続けることはできない、誰かと触れ合って、関わり合って、愛し合って、生きてゆくことしかできない、だからこそ互いが気持ちよく接し合える<距離>が大切なのだ、

ということです。

「セクハラという罪はない」なんていう政治家までいるジェンダー意識の後進国・日本。

<いまここにある問題>としてこの映画を作り、広く公開する意味は大きいと思います。

キャスト・スタッフ総勢17名からなる「些細なこだわり」製作・配給チームへのご支援をどうぞよろしくお願いします。

舩橋 淳

団体概要

名前舩橋淳
メールアドレスsasaina_kodawari@yahoo.co.jp
ホームページhttp://www.atsushifunahashi.com

プロジェクト