ダイバーシティ子ども教育

小さな支援を大きな未来につなげるー海外ルーツの子ども支援の現場で私たちが守りたいもの

生徒たちの笑顔

週5日、朝から晩まで海外ルーツの子どもを支える専門家たち

高校進学を希望する子ども達の数学授業の様子
高校進学を希望する子ども達の数学授業の様子

 

YSCグローバル・スクールは、海外にルーツを持つ子ども・若者のための専門支援事業です。2010年より東京都福生市でスタートし、これまでに650名、32カ国以上の子ども達をサポートしてきました。年間200日以上、朝9時から夜8時まで子どもたちのニーズ、日本語力、学年別に組まれたカリキュラムに添って学習支援を行っています。

たとえば来日直後の中学生は、まずは日中のクラスに参加し日本語を集中的に学びます。教えているのは、日本語教師の資格と経験を持った専門家です。一日5時間以上の授業を約2ヶ月間受講した後は、学校の勉強で使う日本語を学びながら基礎学力を高めて行く「教科―日本語」のクラスを受講します。このクラスを担当するのは、塾講師や学校教員として経験を積んできた学習支援の専門家です。

その間に、本人が日本の中学校に通う心の準備や、中学校がその子どもを受け入れる準備をサポートし、お互いに適切なタイミングとなった時点で中学校に通い始められるよう、多文化コーディネーターがその間を取り持ちます。外国人保護者が、そのお子さんが日本の学校で学ぶことに対して不安を感じている場合には、相談や学校側との面談に同席し、安心して通学できるようサポートします。

YSCグローバル・スクールの現場では、このように、日本語教師、学習支援担当、多文化コーディネーターと言ったそれぞれの領域を担う職員が役割を分担しながら、海外ルーツの子ども・若者のスムーズな日本社会への参加を後押ししています。

この他にも、ファンドレイジングや情報発信、アドボカシーやオンライン教育事業担当者など、バックヤードを支える職員が勤務し、拠点となる東京都西部周辺だけでなく、全国に暮らす海外ルーツの子ども・若者に対する支援環境の整備と拡充のために活動しており、なかなかその存在自体も知られていない海外ルーツの子ども達が直面する課題の社会化を目指しています。

生徒たちの笑顔
様々な国や地域にルーツを持つ子ども達が、日本語を共通語に笑顔になれる場

子ども達にとって、初めて出会う「日本社会の大人」として

海外ルーツの子ども支援は、単なる「教育」に留まらない、複合的なサポートが必要です。子ども達の中には経済的に苦しい家庭に暮らしていたり、日本社会に馴染めず心身のバランスが崩れたりする子どももいます。学校で適切な支援がないことから不登校状態に陥ったり、いじめや差別を受けて心を閉ざしている子どももいます。

目の前の子どもたち、1人1人の置かれた状況を見極めながら、彼らにとって数少ない日本社会の居場所として安心して過ごせる環境を提供し続けることが求められます。YSCに通う子ども達の半数が、来日直後にYSCにやってきます。私たちは、子ども達が出会うはじめての「日本社会の大人」であることが多く、その責任の重さを感じます。

さらに、1年間に出会う100名以上の子ども達の内97%は、「今後、日本以外の国に暮らすつもりがない」と、日本社会への定住を希望する家庭の子ども達です。つまり、彼らはこれからずっと日本で学び、自立し、恋をして、新しい世代を築いて行く・・・日本社会の未来を担う一員であり、日本の子どもたちに他なりません。そんな子ども達が、社会の中で自分らしく生き生きと生活する事ができるよう、乗り越えていかなくてはならない課題は少なくありません。そのために、子ども達自身の力を高めるだけでなく、学校や家庭、地域社会、ひいては日本社会全体が、多様な人々を受け入れ、お互いに安心・安全に生活できる環境づくりに取り組む必要があります。

ただ教えればいいという以上に、1人の大人として海外ルーツの子どもたちに寄り添う現場はチャレンジの連続であり、負担は決して小さくありませんが、それでも、目の前の子ども達の不安な表情が、日がたつにつれて笑顔に変わっていったり、挨拶もままならなかった子どもが、数ヵ月後には友だちと日本語でおしゃべりを楽しんでいたり、高校に進学したいと勉強に励んできた子ども達が晴れて受検に合格し巣立ってゆくときは、大きな喜びとやりがいを感じることができます。

日本社会で大変な状況に置かれた子ども達も少なくないけれど、安心して過ごせる居場所を守っています

子ども達の笑顔と未来を支える仲間を募集しています!

今、事業がはじまった2010年頃に支援を受けていた子ども達は立派に成長し、それぞれの道を歩んでいます。ときどき、思い出したようにYSCに遊びにきてくれる人も少なくありません。道端で偶然出会えば、仕事でがんばっていることや、家族と幸せに過ごしている様子を教えてくれます。私たちの小さな支援が、大きな未来につながっていることを実感できるのも、この仕事の醍醐味と言えるかもしれません。

今、これからの私たちの活動を共に支えてくれる新しい仲間を募集しています。毎日が嵐のような慌しさですが、子ども達の笑顔を守り、日本社会の新しい未来の1ピースを担う支援の場に、ぜひ力を貸していただけませんか?

求人の詳細は、YSCグローバル・スクールのホームページをご覧ください。オンライン・オフラインによる採用説明会も実施していますので、今すぐには働けないけれど、と言う方もぜひご参加ください。

NPO法人青少年自立援助センター YSCグローバル・スクール

NPO法人青少年自立援助センター YSCグローバル・スクール

外国にルーツを持つ子ども・若者のための 専門的日本語教育支援事業   ~多様性が豊かさとなる未来を目指して~   YSCグロー...

プロジェクト