MedicalChildrenEarthquake Disaster

(日本語) 【安田菜津紀(Dialogue for People)】第6回東北スタディツアー参加者募集のお知らせ

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

2019年8月4日(日)~6日(火)の日程で、高校生を対象としたスタディーツアーを行ないます。
このスタディーツアーは、高校生が安田菜津紀とともに実際に東日本大震災の被災地を訪れて、写真撮影をしながら被災の状況や復興に向けた取組みについて学び、防災について考えるツアーです。「写真のチカラ」を活用した社会貢献活動を展開するオリンパス株式会社と弊会にて2014年より毎年実施しています。

東日本大震災から8年が経ち。当時小学生だった皆さんは、あの時何を感じていたでしょうか?
東北の街ではいまだに、避難生活を送る人々の姿があり、復興工事のダンプが街中を行きかっているところもあります。

昨年は地震や台風、豪雨など、日本各地が災害に見舞われましたが、自身がその自然の厳しさと突然向き合わなければならなくなったとき、自分や大切な人をどんな風に守ることができるでしょうか。
悲しみを繰り返さないために必要なことは何かを東北で学びながら、写真でどう伝え、そして皆さんの地元に持ち帰ることができるのか、共に考える3日間にしていきましょう。

是非ふるってご応募ください!

※詳細はこちらから。
※昨年参加した高校生のレポートが読める、特設サイトはこちら


◆◆◆概要◆◆◆

▼期間
2019年8月4日(日)~8月6日(火)2泊3日

▼行程
・8月4日(日)
仙台駅集合、バスにて移動 福島県南相馬市 住人の方にお話を伺う
宮城県石巻市見学 震災以降などを見学 陸前高田市泊
・8月5日(月)
岩手県陸前高田市、地元の防災士の方と街を見学
牡蠣漁師さんの仕事場を見学 陸前高田市民泊
・8月6日(火)
岩手県陸前高田市 振返りミーティング バスにて移動、一ノ関駅解散

▼プログラム企画
Dialogue for People、オリンパス株式会社

▼旅行手配
株式会社ピース・イン・ツアー(東京都知事登録旅行業 第3-7212号)

▼参加者募集要項(応募条件の抜粋)
・日本在住の18歳以下の高校生10名(国籍不問。定時制、通信制、フリースクールを含む)を、書類選考により招待します。
・8月4日仙台駅集合から、8月6日一ノ関駅までの旅行代金(交通費、宿泊費、食事等)を無料とします。また自宅から集合地/解散地間の移動については、有料特急区間の乗車券、特急券、航空券を支給します。
・取材に使用するカメラは、オリンパスより貸出します。カメラの使用法等はツアーの中で指導します。
・ツアー終了1ヶ月以内に、1000文字以上のレポートと撮影した写真のセレクトを提出していただきます。
・ツアーを通じて撮影した写真および提出していただくレポートは、プログラム企画団体のWebサイトや刊行物などに掲載することがあります。 また、オリンパスプラザ東京 他に展示します。
・ツアーや写真展についてメディアの取材が入ることがあります。

▼応募方法
締切日までに以下の書類を、オリンパス株式会社東北スタディツアー事務局まで郵送などでご送付ください。FAX・電子メールでの応募受付けはできません。

応募用紙ダウンロード(PDF形式: 176.3KB)

1.「東日本大震災」および「これまでの自然災害」について自身の体験も踏まえて「防災」について感じること、およびそれを踏まえてなぜこのプログラムに参加しようと思ったかについて1000文字以上のレポート(書式、用紙は問いません)
2.所定の応募用紙に記入し、写真を添付したもの

▼送り先
〒163-0914 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス
オリンパス株式会社 社会貢献部門 東北スタディツアー事務局 担当 宛

▼応募期間
2019 年5月1日(水)から6月17日(月)必着

▼選考結果発表
書類選考通過者のみ6月21日(金)17:00までにメールで連絡。

(日本語) Dialogue for People

(日本語) Dialogue for People

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenie...

みんなの農園